2009年10月30日

[販売戦略]ヤマダ電機、池袋三越跡地に日本最大級の新店オープン、長蛇の列と人だかり

 ヤマダ電機 <9831> (一宮忠男代表取締役社長兼代表執行役COO)は10月30日、三越池袋店跡地に「LABI(ラビ)1 日本総本店池袋」(東京・豊島区)をオープンした。10時の開店前に行われたオープンニングセレモニーには、同社イメージキャラクターで俳優の高嶋政伸さんや、豊島区副区長らが出席。一宮社長とともにテープカットを行った。

 「LABI1 日本総本店池袋」は、同社の都市型店舗のストアブランド「LABI」の16店舗目として開店。売り場面積約7000坪、商品点数150万を揃えた巨大店舗となる。一宮社長は、「総本店という名前が表すように、当社のすべてのノウハウとインフラを結集させた最大の店舗。商品を展示するだけでなく、来て、見て、触って、生活シーンを重ねて体感できるようにした」と同店のコンセプトを説明。「この店を見ずして家電は語れないという意気込みでオープンした」と自信を示した。

 また、俳優の高嶋政伸さんは、「池袋は、小劇場から大きな劇場、そして映画館もある刺激的で大好きな街。そこに大好きなヤマダ電機がオープンし、わくわく・ドキドキして胸が高鳴っている。池袋は、ますます目が離せない街になる」と挨拶。そして、「特にテレビコーナーは、350台という日本一の品揃えに圧倒された」と店内を回った感想を語った。

 同店は、「家電の柱」であるテレビやレコーダー売り場を1階に配置。携帯電話売り場は2階、パソコン売り場は4階に設けている。なお、旧「LABI 池袋店」は、11月6日に「LABI1 池袋モバイルドリーム館」として新装オープンすることから、今後は、家電のメイン店舗を「LABI1 日本総本店 池袋」、携帯電話などモバイル機器のメイン店舗を「LABI1 池袋モバイルドリーム館」として、池袋エリアは「2館体制」で臨む。

 当日は、「LABI1 日本総本店 池袋」オープンの特価品を求める人々で、店舗を囲むように長蛇の列ができた。10時30分時点で店内や行列を作る人々の数は約1万5000人。正面入り口付近の歩道は、行列などの人だかりで埋め尽くされ、通行人の足を止めていた。

 一方、対面のビックカメラは、午前10時のオープン前から、数名の店員が路上で特価品をアピールするチラシを配布。ヤマダ電機オープン後は、配布人員を増強し、対抗していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091030-00000015-bcn-sci
posted by 管理人 at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2009年10月23日

「GLAY」印税未払いで勝訴 旧所属会社に6億7千万円支払い命令

 印税などの未払いがあったなどとして、人気ロックバンド「GLAY」(グレイ)のメンバーが、以前所属していた「アンリミテッドグループ」(東京都渋谷区)を相手取り、計約6億8千万円の不当利得返還と147曲の著作権を有することの確認を求めた訴訟の判決が22日、東京地裁であった。阿部正幸裁判長はGLAY側に著作権があることを認め、被告側に計約6億7千万円の支払いを命じた。

 GLAY側は、平成17年5月に被告側から独立したが、著作権については引き続き被告側が所有した。同年11月には印税やコンサート出演料などが未払いだとして被告側との著作権譲渡契約も解除した。被告側は「支払いの用意をしていたのに、一方的に著作権譲渡契約を解除された」としてGLAY側の解除権濫用を主張していた。

 阿部裁判長は、「被告側は未払い分を支払おうと思えば支払えたのに、支払いを怠った。解除権の濫用にはあたらない」として、GLAY側に著作権があることを認めた。その上で、GLAY側の主張する未払い額をほぼ認容した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091022-00000595-san-soci
posted by 管理人 at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2009年10月21日

のりピー、麻原超え確実 傍聴券取得代行業者に注文殺到

 今月末、東京地裁は空前の傍聴人ラッシュを迎える。21日の高相祐一被告(41)を皮切りに、23日には押尾学被告(31)、26日は東京地裁の傍聴希望者記録を更新するともいわれる酒井法子被告(38)と、薬物有名人の初公判が続くからだ。嵐の前の静けさの中、一足早く多忙のピークを迎えているのが傍聴券取得を代行する人材動員業者だ。

 「傍聴券押さえます」

 こんなキャッチコピーでマスコミ各社の「押尾学事件担当者」「酒井法子事件担当者」あてにチラシを送付しているのは、東京都内に本社を置く人材動員業者。裁判史上最高の1万2292人が行列し、傍聴券48席に対する倍率が256.1倍に達した1996年4月の麻原彰晃死刑囚(54)初公判で約7000人を動員した実績を持つ業界大手だ。

 同社は、同地裁で2006年9月に行われたライブドア元社長、堀江貴文氏(36)の公判(2002人、32.8倍)や、今年1月に大阪地裁で行われた音楽プロデューサー、小室哲哉氏(50)の裁判(1304人、21.4倍)でも傍聴席を確保してきた。その実績から、マスコミ各社の注文が早くも殺到。動員する頭数の確保に忙殺されているという。

 「酒井被告の初公判の傍聴希望者は、麻原死刑囚を大きく上回る最大1万5000人程度と予測しています。麻薬事件としては異例の、50人収容の大法廷が使用される可能性が高いですが、それでも競争率は300倍。マスコミ各社から記者席用と絵描きさん用に最低2席を求められていますので、5000人は動員しないと間に合わない」(営業担当者)

 酒井被告に先立って行われる押尾被告の裁判も最大1万人が集まると同社は予測。これにも3000人近い動員をかけるというから大忙しだ。

 同社はアルバイトとして約10万人の“会員”を抱えている。この会員に対し、オペレーター50人がメールとファクスを駆使して呼びかけ、当日のドタキャンも見越した人数を確保する予定という。

 「最初に行われる高相被告は最大3000人程度の行列で済みそうなので、動員は1000人で十分。これを予行演習として、2つのヤマの実動員数を予測し、大一番に備える形になるでしょう。創業以来、最も忙しい1カ月となるのは間違いありません」(同)

 ちなみに、同社に動員を依頼した場合の料金は、拘束3時間×20人以上で、1人3000円から。個人からの依頼も受けているそうなので、どうしてものりピーや押尾を見たいという人は個人発注してみては?

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/n_noriko_sakai__20090808_27/story/06fuji320091006000/
posted by 管理人 at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。