2009年03月25日

ネット証券大手2社が業務停止、不十分なシステム管理で

 金融庁は24日、インターネット証券大手のマネックス証券(東京都千代田区)と楽天証券(同品川区)に対し、システム管理が不十分だとして、新たなシステム整備を伴う一部業務の停止命令を出した。

 同時に出した業務改善命令では、経営陣を含む責任の明確化などを求めている。

 処分は両社とも4月1日からで、期間はマネックスが3か月間、楽天が1か月間。ただ、既存契約者は、現在両社が提供している金融サービスを引き続き利用できる。

 金融庁によると、マネックス証券は2006年6月、システム管理が適切でないとして業務改善命令を受け、改善計画を提出した。しかし、その後もシステム障害を多発させた。

 楽天証券は、05年11月と07年6月に業務改善命令を受けたが、大規模なシステム障害の発生を防げず、復旧体制も不十分だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090324-00000870-yom-bus_all
posted by 管理人 at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2009年03月03日

「面白いゲームを作らないメーカーに責任」――マジコン販売差し止めに“逆ギレ”の声も

 すでにニュースでもお伝えしているが、任天堂などゲームメーカー54社がいわゆる「マジコン」の販売業者5社に対し、輸入・販売差し止めを求める訴訟を起こしていた件(このときの話題はこちら)について、東京地裁は2月27日、ゲームメーカー側の主張を全面的に認める判決を言い渡した。このニュースを受けて、ネット上ではさまざまな意見が飛び交っている。

 もちろん、大半は「マジコン自体に違法性はないと言っても、合法的な使い方をしている人なんてほんの一握り」「販売禁止になって当然」といった“マジコン販売禁止賛成派”。中でも「この間親戚の家に行ったら、子供たちが全員マジコンで遊んでいて悲しくなった」「マジコンは万引きのようなもの。使っている人に犯罪意識がないのが最大の問題」といった、利用者のモラルを問う声が多かったのが印象的だった。今回の訴訟はあくまで販売業者に対してのものだが、マジコンを使って不正にゲームを遊ぶユーザーがいるかぎり、最終的にその被害はきちんとお金を払って遊んでいるユーザーにも及ぶことになる。今回の判決を受け、「スカッとした」と溜飲を下げた人も少なくなかったようだ。

 一方注目なのが、少数とは言え「販売差し止めはやりすぎ」といった“マジコン擁護派”も存在している点。「マジコンは本来持っているゲームソフトをバックアップしたり、自作ソフトを動かしたりするためのもので、全員がコピーゲームで遊んでいるわけではない」というのが彼らの主張だが、“販売禁止賛成派” の意見にもあるように、そんなユーザーが実際どれほどいるかは疑問だし、また今回の判決でもはっきりと「不正競争防止法に違反する」と判断されており、どうしてもマジコン利用をむりやり正当化しようとしているように聞こえてしまう。「他にも違法な使われ方をしている製品はたくさんあるのに、なぜマジコンだけ取り締まるのか」「お金を払ってまで遊びたいと思えるようなゲームを作らないメーカーにも責任がある」「マジコンがなくなったら、ゲームユーザーはもっと減る」などの意見に至っては、もはや“逆ギレ”以外の何物でもない。

 この判決と時を同じくして、「Yahoo!オークション」では正式に「マジコン」の出品を禁止するお知らせを掲載するとともに、マジコン関連の出品を一斉に削除する動きに出た。さらに同じく2月 27日、経済産業省もこれまで民事訴訟に訴えるしかなかった「プロテクト外し」に対し、今後は刑事罰の適用も視野に入れた法改正について検討していく旨を発表している。「すでに普及しきった後で、今さら販売を止めしても遅すぎる」「どうせすぐに別の業者が出てくる。販売業者ではなく、製造元を絶たないと意味がない」といった声もあり、今回の判決だけですべてのマジコンを駆逐できるとは思えないが、少なくとも着々と外堀は埋まってきていると言えそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090302-00000058-zdn_g-game
posted by 管理人 at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

国生さゆり、会社社長との“交際報道”幸せオーラ全開で認める!

 コンサル会社社長・甲田英司氏と“手つなぎデート”を一部写真誌に報じられた女優・国生さゆりが13日(金)、フジテレビ系『笑っていいとも!』(月〜金後12:00)に生出演し「今、私は幸せですから!」と幸せオーラ全開で心境を語った。また、甲田氏も同日付の公式ブログで「報道内容は全て事実です」と交際報道を認めた。

 番組で国生はこれまでの半生を折線グラフでたどるコーナーにゲストとして出演。最後には、今日14日のバレンタインデーにちなみ自身の大ヒット曲「バレンタイン・キッス」を披露した。

 また、甲田氏もブログで「国生さゆりさんは私が中学2年生の時からファンでした。(中略)今年に入ってから共通の知人を通じて知り合い、ついに今までの想いをきちんと伝える事が出来ました。14歳から35歳の今日まで、どんなに笑われても21年間諦めずに想い続けてきて本当に良かったと思います」と思いを綴り、最後には「現在は、お互いの色々な過去を理解し合い、良いお付き合いをさせて頂いています。今後も『為せば成る』の精神で有言実行していきますので、宜しくお願いします」と締めくくった。

 国生は人気アイドル・おニャン子クラブの一員として活躍後、タレントとして活動。2000年には故郷・鹿児島の中学時代の同級生と結婚したが3年後に離婚。その後、元夫とは復縁を果たし同居していたものの、昨夏には再び破局していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090214-00000000-oric-ent
posted by 管理人 at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。