2007年12月27日

浅田真央が首位スタート…全日本フィギュア女子SP

 フィギュアスケートの全日本選手権第2日は27日、大阪府門真市のなみはやドームで女子SPなどが行われ、2連覇を狙う浅田真央(愛知・中京大中京高)が、冒頭の3―3回転ジャンプを成功させるなど、72・92点の高得点を挙げて首位発進。

 68・68点の安藤美姫(トヨタ自動車)が2位につけた。3位が村主章枝(avex)で、4位は中野友加里(早大)だった。
posted by 管理人 at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年12月26日

タミフル「10代禁止」継続、厚労省調査会が見解

 インフルエンザ治療薬タミフルを服用した子どもに昨冬、飛び降りなど異常行動が相次いで報告された問題で、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会安全対策調査会は25日、タミフルと異常行動の因果関係は現時点で判定できないとした上で、10代へのタミフル使用を原則中止している措置を「妥当」とする見解をまとめた。

 ただ、インフルエンザの発病で異常行動が起きる可能性もあることから、タミフルを服用しなくても注意が必要とした。今後も因果関係の調査を継続し、早期に結論を出したいとしている。

 調査会はこの日、「飛び降り」「徘徊(はいかい)」など異常行動が起きたインフルエンザ患者の症例とタミフルとの因果関係を調べた研究班の報告を中心に検討した。
posted by 管理人 at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

メタボで市場も肥大、漢方薬や健康測定器…3兆円超規模に

 来年4月から職場健診などでメタボを診断する「特定健診・特定保健指導」が始まるのも追い風だ。三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、2005年に2兆円だったメタボ関連市場が2010年に3・6兆円に拡大すると予想する。これは、国内のビール類(約3兆円)や菓子(約3・2兆円)をしのぐ規模だ。

 ただ、メタボの診断基準は専門家の間でも意見が分かれており、落ち着いた対応が必要だ。

 厚生労働省の推計では、特定健診の対象となる40〜74歳の約5700万人のうちメタボの該当者や予備群は約1900万人。メタボへの関心が高まり、販売が伸びているのが肥満症や便秘などへの効果をうたった漢方薬だ。
posted by 管理人 at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。