2007年12月19日

進行前立腺がん、緑茶でリスク減=全体では関連見られず−厚労省研究班

 緑茶を多く飲む人は進行した前立腺がんになりにくいことが19日までに、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター部長)の大規模疫学調査で分かった。1日5杯以上飲む人は、1杯未満の人の約半分のリスクだった。緑茶の進行前立腺がん予防効果を示す研究は初めてという。
 調査は1990年と93年、全国10地域の40〜69歳の男性約5万人の食習慣などを調べ、2004年末まで追跡。この間に404人が前立腺がんと診断された。
 緑茶を飲む頻度でグループ分けしてリスクを比較したところ、前立腺がん全体でははっきりした関連が見られなかった。ただし、前立腺内にとどまる早期がん(271人)と、外に広がっている進行がん(114人)に分けると、進行がんは緑茶の摂取量が多いほどリスクが低く、1日5杯以上の人では1杯未満の人の 0.52倍だった。 
posted by 管理人 at 16:42 | Comment(1) | TrackBack(2) | ニュース

しょこたん“UFO肯定派”の町村官房長官を一喝!

 “しょこたん”の愛称でおなじみのタレント、中川翔子(22)は19日、ネット上などで話題を呼んだ町村信孝官房長官の「個人的には、UFOは絶対いると思う」発言について、自身のブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で言及し、「知的生命が地球にきてるわけはない!」と“UFO存在説”を否定した。

 “UFO否定派”の立場を取るしょこたんは「アメリカからなにか聞いたからじゃないのか」「NASAからなにか聞いたからじゃないか?」と立て続けに疑問点を列挙。「ナスカ(の地上絵)を説明できない」とする官房長官の意見については「(地球外の知的生命が)圧倒的な科学を見せ付けるためだけにしたことなのかな」とコメント。“知的生命によるワープ発見”の可能性にも触れ、「でもやっぱりUFOは!タイムマシーン説とかのがまだ信じられる!」と主張した。
posted by 管理人 at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース

「子供も生まれ、職をさがさねば…」ゴマキの弟初公判

 東京都江戸川区の工事現場から少年4人と共謀して銅線を盗んだとして、窃盗と建造物侵入の罪に問われたアイドルグループ「EE JUMP」元メンバーで、アイドルの後藤真希さん(22)の実弟、後藤祐樹被告(21)の初公判が19日、東京地裁(中島経太裁判官)で開かれた。後藤被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。
 検察側の冒頭陳述によると、後藤被告は4月ごろ、旧型バイクを120万円で購入。さらに17〜19歳の少年を集めて旧型バイク愛好会「フベンテッド」を結成した。6月下旬、この愛好会のメンバーから「銅線を盗んで売ればもうかる」などと誘われて、銅線盗を繰り返すようになった。
 「自分が店長をしていた母親の居酒屋が閉店し、職を探さなければなくなった。子供が生まれ、マンションの修理費の支払いもあり、金が必要になった」。法廷では、後藤被告のこうした供述調書が朗読された。
 後藤被告は紺色のスーツに白いワイシャツ姿で入廷。終始うつむき加減だったが、中島裁判官が閉廷を告げた瞬間、傍聴席の妻と母親の方を向いて、目で合図するかのようなしぐさをしていた。
 起訴状によると、後藤被告は少年4人と共謀して7月15日ころ、東京都江戸川区の工事現場から、銅線48束など(計約48万円相当)を盗んだ。
 後藤被告は9月に東京都渋谷区の建設現場から銅線を奪ったとして、強盗傷害容疑で警視庁に再逮捕されている。
posted by 管理人 at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。