2007年11月29日

購入後の食品管理 いつまでなら食べられる?

 ■卵〜夏は16日・冬は57日/納豆〜冷凍で2、3カ月

 冷蔵庫を開けて「この卵、まだ食べても大丈夫かな?」と思ったことのある人は多いはず。食品の期限表示の偽装が連日ニュースになる中、購入時に期限表示を気にしても、購入後の食品の管理にむとんちゃくな人は少なくない。きちんと管理した場合、さまざまな食品の「食べても大丈夫な期間」はどれぐらいなのだろうか。(平沢裕子)

 ◆2つの「期限」

 食品の期限表示には「消費期限」と「賞味期限」がある。消費期限は、弁当やサンドイッチ、食肉など5日以内で悪くなる食品に表示される。傷みやすいので、必ず期限内に消費する必要がある。

 一方、賞味期限は、牛乳やハム、冷凍食品、即席麺などに表示され、その期限までは「おいしく食べられる」ことを意味する。期限を過ぎてもただちに食べられなくなるわけでなく、およその目安とするべきものだ。

 ただ、悩むのは期限を過ぎた後、どれぐらいの期間なら食べても大丈夫なのかという点。

 『賞味期限がわかる本』(宝島社)を監修した東京農業大の徳江千代子教授は、「保存方法によって食品の状態がまったく違ってくるので、この食品ならいつまでということは一概にいえませんが」と前置きした上で、目安となる期限を示してくれた。

 ◆卵・牛乳

 まず卵。卵の賞味期限は、実は「生で食べられる日数」のこと。食中毒の原因となるサルモネラ菌が急速に増殖を始めるまでの期間とされ、採卵日から数えて、夏は16日、春秋は25日、冬は57日以内とされている。加熱調理すれば引き続き安心して食べられるが、一般の家庭で冷蔵保存する場合、購入してから約3週間以内に食べきるのが目安とされる。

 卵のからにはサルモネラ菌がついていることがあるので、他の食品に菌をうつさないためにも、保存はパックに入れたまま冷蔵庫にしまう方がいい。

 次に牛乳。期限表示のほとんどが「賞味期限」だが、低温殺菌牛乳では「消費期限」の場合もあるので注意が必要だ。

 賞味期限の牛乳は、開封後も10度以下で冷蔵すれば、賞味期限日までは飲んでも大丈夫とされる。とはいえ、当然ながら酸味や異臭がするものは古くなった証拠。こうした変化が分からず不安ならば、鍋に入れて沸騰させ、固まりができたり分離したら腐っているとみて、やめた方がいい。

 ◆納豆・豆腐

 賞味期限を意識しない人が多いのが納豆。賞味期限は1週間から10日で表示されているが、未開封の場合、購入後2週間が食べられる目安。「納豆はもともと腐っているから賞味期限を過ぎても大丈夫」というのは誤解で、賞味期限より長く保存するとアンモニア臭がきつくなり、おいしくなくなってしまう。ただ、冷凍すれば2〜3カ月はもつので、多く買ったときはすぐに冷凍庫で保存するといい。食べるときは冷蔵庫内でゆっくり解凍を。

 一度に使い切れないことも多い豆腐やこんにゃく。豆腐は開封後、1〜2日大丈夫だが、保存は密閉容器などにうつし、きれいな水をひたひたにして冷蔵するのが基本。こんにゃくは未開封なら2カ月程度もつが、開封後はやはり水の中に入れて冷蔵すれば2〜3日は食べられる。

 ペットボトルの水やお茶はどうだろう。コップに注いで飲み、冷蔵保存する場合は、開栓後も1週間程度はもつ。ただし、ペットボトルに直接口をつけて飲むと、細菌が増加し、室温では2時間程度で飲用に適さなくなるので、すぐに飲みきれないものは、個人用でもコップに注いで飲む方がいい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071129-00000141-san-soci
posted by 管理人 at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

高原がHPで不満…フランクフルト会長「良い成績を残せ」

 公式サイトに「移籍志願」と取れる発言を掲載したフランクフルトFW高原直泰(28)が、次節12月1日のボルフスブルク戦(アウエー)での先発出場が濃厚になった。28日の練習後、フンケル監督が「タカの先発起用を考えている」と明言。「HPの件は何も引きずっていない。辛抱強くプレーしてほしい」と付け加えた。クラブ側は前日にクロート代理人を呼び出し「現状に満足していないなら、もっといいプレーすべき」と叱(しっ)責。移籍騒動はひとまず沈静化している。また、MF稲本潤一(28)は風邪で28日の練習を休んだ。(西村友通信員)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071129-00000011-nks-socc
posted by 管理人 at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年11月28日

ゴディバのチョコに金属の異物 6万6000個を自主回収

 高級チョコレートの「ゴディバ ジャパン」(東京都港区)は28日、クリスマス向け板チョコレート製品の一部に金属片が混入しているのがみつかったとして、販売済みの約6万6000個を自主回収すると発表した。

 同社によると、金属片が見つかったのは、季節限定の「クリスマスカレ ミルクキャラメル」で、金属片は長さ約1・5センチ。今月21日に宮崎県内の購入者が食べた際にみつかったほか、26日に社員が試食した際にもあった。同製品はフランスの工場で委託生産したもので、日本のほかベルギーと香港に出荷しているという。

 回収の対象商品は、同板チョコ単品と、セットの中に含まれる「クリスマスコレクション」など11種。問い合わせは同社クリスマスコレクション回収係(電)0120・015・680。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000954-san-soci
posted by 管理人 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。