2007年11月27日

辻ちゃん、女児を出産!名前は「希空(のあ)」ちゃん

 今年の6月21日に俳優の杉浦太陽と入籍した、モーニング娘。の辻希美が本日26日(月)の午前0時45分、第一子となる女児を出産したことを、杉浦と辻の両所属事務所がFAXで発表した。

 2人は「私、杉浦太陽と妻希美は、11月26日(月)、0時45分体重2730gの女児を授かりました。名前は、杉浦希空(すぎうら のあ)です」と報告。また、「おかげさまで母子ともに健康です。新しい命を授かった今、言葉にし尽くせない感動と人の親になった責任を深く受けとめております」と、現在の心境を語った。

 さらに「とは言え、まだまだ若輩者の私達ではございますので、皆様、今後とも宜しくお願い申し上げます」と綴っている。辻の出産について杉浦は、先日行われたトークショーで「もう臨月ですし、いつ産まれてもおかしくない。胎教音楽はダブルUだったり、モー娘。のライブですね」などと話していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000024-oric-ent
posted by 管理人 at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年11月26日

“新ブログの女王”若槻、突然のブログ中断宣言

 “新ブログの女王”のタレント、若槻千夏(23)が、26日に更新した公式ブログ「マーボー豆腐は飲み物です。」で、突然、ブログ中断を宣言した。
 若槻は、『今』のタイトルで「頭の中がごちゃごちゃしていて、自分らしいblogが書けそうもないので、少しblogをお休みさせて頂きます。楽しみにしてた人も、そうでない人もごめんね。時間ください。」と綴られている。
 若槻は昨年11月、神経性胃炎などで体調を崩したことがあり、当時、すべてのレギュラー番組出演と年末年始の番組収録をキャンセル。2か月間にわたり療養した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000000-oric-ent
posted by 管理人 at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

<エスカレーター>横浜地下鉄「歩かないで」 構造上想定外

 「エスカレーターでは歩かないでください」。横浜市営地下鉄は今秋から、全32駅構内に設置されたエスカレーターの乗り口にこんなポスターを掲示した。昇降客のために関東は右空け、関西は左空けがルールと思い込んでいる人も多いが、国土交通省によると、エスカレーターの構造はもともと、利用者が歩くことを想定していないという。【池田知広、渡辺暖、高橋昌紀】

 きっかけは横浜市交通局に寄せられた苦情だった。「エスカレーターに孫と手をつないで並んで立っていたら、後ろから来た男性に『どけ、どけ』と言われ、孫が押された」「右側に乗ってしまった高齢者が左によけることもできず、後ろから来た人にせかされ、歩かされていた」

 交通局は5月から「エスカレーターでは歩かないで」と呼び掛け始めた。車内電光掲示板でも「エスカレーターは歩いたり走ったりすると大変危険です。手すりにつかまってご利用ください」と表示。9月からは乗り口にポスターも掲示した。

 それでも効果はあまり上がっていない。交通局担当者は「ラッシュ時などに右側を歩く人がまだ多い。継続することが大事なので、今後も続けていく」と定着を目指す。

 名古屋市営地下鉄は04年7月からエスカレーターでの歩行を禁止した。ポスターや車内放送、ホームの掲示板などで立ち止まるよう呼び掛けているが、歩く人はなくならない。

 地下鉄を利用する会社員(40)は「右側を歩いてはいけないの? 歩いている人をよく見るし……」。04年11月の市議会では、市議が「右側一列を空けるのが慣例なのに、なぜ突然歩行禁止なのか」と疑問を投げ掛けたほどだ。

 東京消防庁の調査では、都内で05年度にエスカレーター事故に遭った人は1199人。発生場所は駅が702人で最も多く6割近くを占める。うち333人が65歳以上の高齢者だ。消防庁は「エスカレーターは歩くとバランスを崩しやすく、他の利用者と接触する恐れがある。歩くことは避けるべきだ」と指摘する。

 エスカレーターは、建築基準法施行令で「幅は1.1メートル以下」と規定している。国交省建築指導課は「最大でも2人分の横幅しかない。右か左の手すりを必ず使えるように考えられている」と説明する。ただ「有効な取り締まり方法がない以上、法律などで禁止することは難しい。何よりも国民の合意が得られるかどうかが分からない」という。

 このほか、JR東日本はアナウンスで「ご注意ください」と注意喚起している。東京メトロはステッカーで「歩行は思わぬ事故のもとになりますのでご注意ください」と呼び掛ける。東京都営地下鉄も「駆け上がるのは危険です」と掲示しているが、歩行禁止を強制できないのが現状だ。

 川崎市のJR川崎駅自由通路で8月、破損部分にサンダルが挟まり、女性が指の一部を切断されたほか、10月には神奈川県平塚市のスーパーで、手すりと保護板の間に首を挟まれた男児が大けがをするなど、最近、エスカレーターでの事故が相次いでいる。しかし、歩行禁止に踏み切ることについて日本民営鉄道協会は「車内での携帯電話同様、歩行禁止についても利用者の機運が高まる必要がある」と語る。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000023-mai-soci
posted by 管理人 at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。