2007年11月24日

<アニメ検定>「ガンダムのメカデザイナーは?」 全国から1300人が受検

 「『機動戦士ガンダム』のメカデザイナーはだれか?」「宮崎駿が82年から、アニメ誌『アニメージュ』に連載していた漫画は?」。アニメファンのレベルを判定する初の「アニメ検定」が23日、東京都内で実施され、全国から約1300人が受検した。

 検定は、アニメ制作会社などでつくるコンソーシアム「東京アニメセンター」などでつくる実行委が主催。「全国総合アニメ文化知識検定試験」として、1級の「アカデミー級」から、5級の「ビギナーファン級」まで5段階で、アニメの歴史や知識を判定する。

 この日は、3級の「スーパーファン級」から5級までの試験が実施され、11歳〜51歳のアニメファンが受検。各級1時間の試験時間で、日本動画協会が監修したアニメ知識を問う4択問題に挑戦。合格ラインは、6〜7割程度を予定している。

 5級を受検した神奈川県の大学生、室賀渉さん(23)は、「古いアニメが好きなのでそれほど難しくはなかったが、新しい作品しか見ていない人には難しいのでは」と話していた。

 1、2級は、3級合格が受検資格となるため、08年中に試験を実施する予定。受検結果は12月上旬に郵送で通知し、上位者は同23日の表彰式に招待される。なお、ガンダムのメカデザイナーの正解は「大河原邦男」、宮崎駿の連載作は「風の谷のナウシカ」。【渡辺圭】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071123-00000007-maiall-ent
posted by 管理人 at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

東知事の「スマスマ」効果で大ブレーク

 宮崎県のPRのため東国原英夫知事が作詞し、今年9月に発売された「宮崎てげてげ音頭」が、急激に売り上げを伸ばしていることが22日、わかった。同知事が、19日にフジテレビ・関西系「SMAP×SMAP」に出演した際に「てげてげ〜」と、この曲を流したところ、翌日から全国各地のレコード店などに、同曲の問い合わせが殺到しているという。
 地元・宮崎県で話題だった「宮崎てげてげ音頭」が、一気に“全国区”へ名乗りを上げそうだ。
 きっかけは、19日に東国原知事が出演した「SMAP×SMAP」。知事のバックで流されたが、そのユニークな歌詞、メロディーに加えて、同知事のふんした香取慎吾が、「て」「げ」「て」「げ」と書かれたうちわを持って登場したことが、強烈なインパクトになったようだ。
 放送翌日から全国各地のレコード店などで「あの曲は何?」「誰が歌っているの?」などといった問い合わせが殺到。関係者によると、品切れの店も続出し、バックオーダーも連日500枚以上となっているという。
 同曲は、東国原知事が、初めて作詞した曲で、歌手・水木大介が歌っている。ちなみに「てげてげ」は宮崎の方言で「いいかげん」という意味。同知事は、後援者から宮崎を題材にした「てげてげ」という言葉を使った歌の歌詞を書いてほしいとの依頼を受け「宮崎をもっとPRできたら」の思いで書き上げた。ジャケットも、宮崎のPRを込め同知事のイラストがメーンとなっている。
ミリオンも 作詞は今回限りにするという東国原知事だが「出来上がりは大満足。当然、ミリオンを狙います」と鼻息は荒い。知事のパワーで、また新たな宮崎名物が誕生する勢いだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000019-dal-ent
posted by 管理人 at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

<山形女子高生自殺>遺族が「いじめ」の遺書公表し再調査要請

 山形県高畠町の県立高畠高校(山田陽介校長)で昨年11月、2年生の女子生徒(当時16歳)が自殺した問題で、父親が23日記者会見し、本人の携帯電話に残されていた遺書とみられる書き込みの一部を公表、いじめは確認できなかったとする調査結果を出した県教委に再調査を求めた。遺族はこれまで匿名を条件に取材に答えていたが、匿名では説得力に乏しいとして実名公表に同意した。

 亡くなった渋谷美穂さんの父で会社員の登喜男さん(55)=高畠町=がこの日の一周忌法要後に会見した。

 渋谷さんは携帯電話に残されていた書き込みのうち、美穂さんが心情をつづった部分を抜粋し、紙に書き写して報道陣に配布した。実名で書かれた5人の生徒以外の同級生に対し、「これで満足? もう、ワキガ臭くも、おなら臭くもないもんね。皆が言った暴言、痛かった。いつも泣きたかった」「死は怖いけど、生きているより怖くはないです」「今回のイジメでやっと理解した。うぅん、理解させられた。私は皆に不快な思いしか与えられないんだってこと」などと記されている。

 渋谷さんは「今までは学校側の説明しかなく、このままでは娘を救えなかった負い目が大きくなる」と公表した理由を説明。「学校や県教委の報告書に納得していない。死ぬまで真相究明と再発防止にかかわっていきたい」と話した。また、自殺の5カ月前に美穂さんから「お父さんがいじめにあったらどうする」と聞かれていたことも明らかにし、「なぜあの時に疑問を持たなかったのか」と悔やんだ。

 ◇「遺書は根拠の見えないもの」校長がコメント

 遺族の会見を受け山田校長も記者会見し、「5人以外の生徒を一くくりにしていじめの加害者とするような内容になっているが、そのようなことはないと学校では判断し、この遺書を、根拠の見えないものと考えている」とのコメントを出した。【湯浅聖一】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071123-00000079-mai-soci
posted by 管理人 at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。